Home > 地方医師のイメージ

地方医師のイメージ

良いイメージ悪いイメージ

地方医師のイメージには、良いイメージと良くないイメージがあります。

良いイメージとしては地方医師はかかりつけ医として自分や家族の体の状態を知っていて、体調の悪いときにいつでも気軽に相談できることです。地域の情報に詳しく、保育園や学校で感染症が流行っていることなど直接教えてもらえるのは非常に有難いことです。定期的な乳幼児健診でも顔見知りの医師が担当だと安心して健診を受けられます。子供も初対面の医師よりは泣かずに受けられるようです。

悪いイメージとしては、地方には対応の良くない医師も少なからずいることです。地方は医療機関が少ないことから地域の患者を独占していることもあり集客に困らないせいもあるのかもしれませんが受付の対応が悪かったり、医師も患者の話を聞かない、高圧的な態度をとるなど
良くないイメージもあります。

ただ、今は地方では皆車で移動しているので対応の悪い医師からはすぐに離れて、多少遠くても評判の良い医師のいる病院に行って診てもらうことが多いようです。