Home > 地方医師の必要性

地方医師の必要性

切迫している

地方医師の必要性は切迫しています。しかしながら、医師も人間ですので「生活しやすい環境で働きたい」「実家の近くで働きたい」という希望が多く結局、都会では医師の飽和化、地方での医師不足が顕著になってしまうのです。

地方でも一部の病院では医療機器や設備が不十分だったりする病院もあります。医師の人材確保に成功している病院は、ハード面はもちろん医師の年収や福利厚生も手厚く準備して医師招聘を行っています。

地方医師への転職なら医師転職ドットコム

医師招聘担当が全国の人材紹介会社を廻って、病院紹介のDVDを配っているという病院もあります。人材紹介会社とのパイプ作りも必要ですが、より大切なのは院長含め病院全体が「働きやすい病院づくり」を考え、取り組んでいるかどうかだと思います。

それができていれば、いくら地方でも「働きたい」というドクターは現れるのです。都内でも、医師のことを十分考えていない病院はどんどん医師が離れていってしまいます。(複数の医師がコメディカルを連れて集団で退職、という話も耳にします。)