Home > 地方医師問題の解決策

地方医師問題の解決策

都会から派遣する

地方医師は少ないと言われています。昔からそこに住んでいる医師が代々、家系を継いで医者をやっているという個人病院が多いものです。都会の病院に比べると規模も小さくなっており、医者の数も足りないことから、大きな手術や重病となってくると、都会の大きな病院に紹介しないことには治療することができません。それでも、そこに住んでいる人たちにとっては、地方医師が居なくなってしまうと困ることになります。

ちょっと体調が悪いと思った時などに気軽に訪れることができるからです。高齢の一人暮らしともなると、地方医師に会うことで安否確認をすることができるということもあります。このような事情から、地方医師が少なくなってきていることを解決する方法として、定期的に都会から医者を派遣するという方法がいいと思うのです。

交代制にして地方医師として赴くようになることで、都会とは違った地域密着型の治療法を学ぶこともできると思います。医者も患者もどちらにとっても良い方法だと思います。